マネーを増やしたい方は、
ぜひ当
株式投資クラブ
まんてん21
VIP特別会員にご入会を!







当サイトでは、良質の情報をご提供致しておりますが、最終判断はあくまでも自己責任で行って下さい。
当方は一切の責任を負いかねます。



あなたは 2283982番目の
       
御客様です
VIP特別会員申込
今月の特選銘柄
 特選銘柄1 更新 6/13
 特選銘柄2 更新 1/15
持ち株銘柄相談
会員の広場 (掲示板)
まんてん21へ質問・意見
株式投資情報網
証券会社ホームトレード
会社概要

メールマガジン登録・解除
電子メールアドレス(半角):

 

Powered by Mag2 Logo

 

このサイトはInternet Explorer4.01以上(除くMacintosh版)、Netscape Communicator4.06以上でご覧ください。

個別チャートもこちらからどうぞ

今日の雑感 更新履歴:2017/09/22

● 東証1部市場の時価総額が過去最高水準に膨らんできている。日経平均株価が最高値であった3万8,915円の時よりも新値追いのNYダウと比較し、日経平均株価水準はまだバブル期の半分程度なんていう声もある。個別銘柄の時価総額ランキングも上位に変動してきているようだ。キーエンス(6861)がJT(2914)を上回り7位に浮上。キーエンスはここ2年少々で一番時価総額を増やした銘柄で生涯賃金、平均給与の高さから一般にもある程度知られるが、投資対象としてみると最低投資金額が100株で600万円を超える超値ガサ株で個人投資家でも買いづらい銘柄となっている。これでも年初に1対2の株式分割を行っているのだからなんというべきか。

 東証の「最低投資金額はなるべく50万円以下」なんて言葉は届いていないのだろうか。日々の値動きに神経質になっているが、ふと目線を長期に変えればアベノミクス相場をけん引したファーストリテイリング(9983)とファナック(6954)などを含め、「買いづらい株」の増加に地合いの良さが感じられるのだろうか。

 日銀の黒田総裁は「2年程度で2%物価目標を達成する」と宣言した。現状はご覧のとおり。2%目標にこだわるのなら2年での達成は無理なのだから2%を下げる必要があった。

 日銀はETF購入で日経平均株価上昇に使命感を背負っている、これは安倍政権一心同体でことはどうであれ日経平均株価だけは順調。「2年程度で2%物価目標は達成されなかったが、日経平均株価は2万円乗せをしている」と言いたいのだろうが、さすがにそれは言わないというか言えない事情があるのはお分かりのとおりだろう。

 ・総選挙は自民大幅に減少しそうだ(40名以上)とって代わる政党がいないのが残念だ。

○ 「今日の気になる株」は記載しておりません。

○ 明日の会員メール配信、FAX送信は12:00〜14:00頃となります。


【今日の気になる株】

会員様限定の情報とさせて頂きました。=> こちらをクリック!
Copyright 2001 manten21, all rights reserved.